ケペルの徒然なるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊饒の秋

<<   作成日時 : 2015/11/09 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

千歳川の今季のシロザケの捕獲数は昨季同期比倍増の23万4000匹を超えました。魚体も65〜70センチと大きく、4年魚が中心です。捕獲されたサケは採卵・ふ化された後、放流されます。千歳川でのふ化事業は1888年から開始されました。当初はなかなか成果が上がりませんでしたが、地道な研究と数々の技術転換の努力により1970年代に入ってから回帰するサケの数が増加していったそうです。先人達の苦労のお蔭で今年も豊かな実りを頂くことができました。

冷たい風が吹く中での捕獲したサケの引き上げ作業。水色の背景が海のように見えますが千歳川です(汗)

画像


満載の親サケ達。放流された稚魚の5%程度が北海道沿岸に回帰してきます。定置網をかいくぐり生れ故郷の千歳川に戻ってくる数はさらにその10分の1程度です。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豊饒の秋 ケペルの徒然なるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる