ケペルの徒然なるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 水温む候

<<   作成日時 : 2017/04/18 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

時候で「水温む候」とは弥生(3月)に使う言葉ですが、北海道では4月を迎えた頃から感じるようになります。青葉公園橋からおはよう橋までの遊歩道で春を探しました。

画像


今季の初認となる夏鳥のキセキレイが春の訪れを告げていました。

画像


初認なので定番の構図

画像


春風をうけて、シジュウカラも気持ち良さそう

画像


水温む候の千歳川

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道にもやっと春の気配ですね。それにしても本当に沢山の鳥の名前ご存じなのですね!
すずらん
2017/04/18 23:43
すずらんさん、いつも見てくれてありがとうございます。昨日、関東では真夏日となった所もあったようですが、道内は春の嵐となりました。春の進み具合は秋とは違って、少しづつ進みます。野鳥達も冬鳥から夏鳥へ主役交代が進んでいます。以前は、ハトとスズメ以外は野鳥としてか見ていなかったのですが、写真を撮るようになってからは、名前や生態について興味を持つようになりました。これからも、季節の移り変わりが伝わるような記事を投稿していきます。
ケペル
2017/04/19 09:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
水温む候 ケペルの徒然なるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる