ケペルの徒然なるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS コウホネ咲く水辺

<<   作成日時 : 2018/06/27 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

今年も林東公園の池のコウホネが黄色い花を咲かせました。

画像


画像


画像


コウホネはスイレン科の1種で水生の多年生草本です。浅い池や沼に自生しますが、庭園の池で観賞用に栽培されたりもします。根茎は解熱や鎮痛を目的とした漢方方剤に配合されたりもしました。アイヌ民族はカパトとよび、地下茎をアク抜き・乾燥したものを保存食として利用したそうです。

画像


池の傍に咲く白い花も綺麗でした。

画像


マガモ

画像


お馴染のフランソワの仲間達

画像


緑が濃くなった初夏の林東公園です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コウホネ初めてしりました。
漢方薬の原料になっているのですか、解熱頭痛薬ですか〜アスピリンのようなものですね。
冬の厳しい北海道でアイヌの人達の食料にもなっていたのですね〜へえ〜
勉強させていただきました。
夕焼け
2018/06/28 08:59
コウホネの事はUターン後に地元の自然に興味を持ってから知りました。それにしても、アイヌの人達の知恵には驚かされます。北海道の自然を知り尽くしていたんですね。
ケペル
2018/06/28 14:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
コウホネ咲く水辺 ケペルの徒然なるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる