テーマ:鉄道

紅葉を往く

工業団地である千歳美々ワールド内を通る石勝線撮影ポイントへ行ってきました。鉄道風景は年に数回程度の撮影ですが、紅葉シーズンのこの場所はお気に入りのひとつです。 普通列車(キハ40 日高線仕様) スーパーとかち(261系) 石勝線のダイヤ間隔は1時間に1本から2本。9時から11時までの2時間待ってもシャッターチャンスは4回です。10…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜風景_市街地

市内を流れる千歳川の両岸も桜模様となりました。 久々の鉄道風景 想い出深い教会 この教会が運営する幼稚園の卒園生です。半世紀以上前ですが・・・ (;'∀') 桜の中のスズメ 春爛漫の一日でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日も短くなりました

立冬も過ぎ、日中の時間も短くなってきました。日の出時刻は6時30分頃、16時を過ぎると日は沈むようになりました。 雨上がりの早朝。路面が朝日に輝くひと時。 千歳駅の始発電車は5:40発の札幌行普通電車です。始発電車が出る頃はまだ闇の中です。 眠りから覚めたばかりの駅のホーム やがて、陽が昇…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

室蘭本線_豊浦噴火湾

支笏湖から洞爺湖に向かう途中で、豊浦町にあるカムイチャシ史跡公園に立ち寄りました。ここは、大岸駅と礼文駅の間にあり、豊浦噴火湾の海岸沿いを走る鉄道写真が撮れる絶好の撮影ポイントとして人気の場所です。 カムイチャシ史跡公園はアイヌのチャシ(砦)が原形のままに残されている史跡ですが、その美しい景観から国指定景勝文化財として保護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季彩の丘_美瑛

旭岳を後にして美瑛にある四季彩の丘に向かいました。この頃には北海道らしい秋晴れの午後となり、露出設定に気を取られることもなく、風景を思う存分に楽しめました。 定番の構図 花畑が見事なのはもちろんですが、とにかくこの日は済みきった青空が印象的でした。 花畑で見つけた秋 移動途中の車の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜厚真海岸_駅舎とカモメ

浜厚真海岸までは苫小牧からJR日高線を利用しました。日高線は2015年の高波被害と2016年の台風被害により、苫小牧-鵡川間を折り返し運転していますが、昨年末には沿線自治体に対して鵡川-様似間の廃止が提案されています。 苫小牧から二つ目の浜厚真駅。無人駅です。 浜厚真駅の手前を走るキハ40系  浜厚真海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノースレインボーエクスプレス

大型連休の期間中、札幌-函館間は臨時「北斗」を2往復増発して14往復体制としました。この臨時「北斗」には、ノースレインボーエクスプレスと旭山動物園号が使用されたので、千歳線では普段、見る事の出来ないこの車両を目にすることができました。 桜が咲き始めた清雲橋傍から見る、臨時「北斗91号」 平和橋から見る、臨時「北斗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもの風景も時には・・・

4月を迎え、だいぶ陽が長くなりました。夕焼けが綺麗な日暮れ時、書斎の窓から見る千歳線の高架がいつもとはちょっと違って見えました。鉄道写真家の山崎友也さんの「車両のない鐵道写真」のようだったので、思わずシャッターを切りました。 何となく、千歳らしくない風景ですが、車両が通り過ぎる頃にはショータイムは終わっていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬景色もそろそろ見納め(雪煙)

雪煙をあげて走る鉄道の姿も北国の冬を代表する風景です。カシオペアの道内最終運行を撮影した日、到着を待っている間に撮影しました。 雪煙をあげて通過する北斗13号。その姿はほとんど見えない。 千歳駅を発車した直後の快速エアポート。まだ、速度は上がっていないので後姿は判る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝焼けの空

珍しく綺麗な朝焼けとなった日は、鉛色の空を見飽きた心をなんとはなしに華やかにします。何か特別なことがあるわけでもないのにウキウキとした気分で一日のスタートを切る事ができます。陽の光に感謝! 朝陽を浴びて千歳駅ホームを通過するスーパー北斗2号。今の季節は6時10分頃に日の出を迎える。スーパー北斗2号が通過する6時25分には昇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶の中の寝台列車

Uターン後に廃止となった寝台列車。「北斗星」、「はまなす」、「カシオペア」。いずれも発端は北海道新幹線の開業でした。3月には開業1周年の記念イベントが各地で行われる予定です。今となって記憶の中で走る寝台列車の姿をストック写真の中から探してみました。 寝台特急北斗星 (2015年3月13日 撮影) 寝台特急北斗星(20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E26系カシオペア道内最終運行

2016年3月に定期運行を終え、その後は団体旅行専用列車として運行されていた「カシオペア」が26日、道内でのラストランを迎えました。 降雪の中、札幌を16:38に出発した上り最終列車は17:24に千歳駅を通過しました。函館線での事故の影響で上りエアポートは8分程遅れていたからか、予想時刻より5分程遅れての通過となりました。JR苗穂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

E26系カシオペア道内最終運行を前にして

廃止された寝台特急カシオペアで使用していたE26系車両は昨年6月から旅行会社のツアー専用団体臨時列車として運転してきましたが、上野発札幌行は2月25日、札幌発上野行は2月26日に最終日を迎えます。これにより、道内での運転は終了となり以降は東日本エリアでの運転となります。 最終日を迎えるにあたり、事前撮影を行いました。2月は下りが土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜明け前

2月中旬になると日の出時刻は6時半頃になります。千歳駅の始発電車は苫小牧方面が6:44発の新千歳空港行き普通列車ですが、札幌方面は日の出時刻の約1時間前となる5:40発の札幌行き普通列車です。自宅ベランダから駅ホームと鉄道高架が見えるという、プチ鉄にとっては贅沢な環境に住んでいます。 ベランダから撮影した5:40発の始発電車。冬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋上の風景(平和橋)

市内を流れる千歳川には幾つかの橋が架かっています。橋の上から眺める風景は季節、天候、時刻によって様々な表情を見せてくれます。心に残った印象的な風景を気ままに投稿していく事にしました。 今回は鉄道のある橋上の風景です。 平和橋からは苫小牧方面へ向かう上り電車を見ることができます。順光だと高架のコンクリートが目立ってしまうので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の黄昏

朝晩が冷え込む冬の黄昏時は街を歩く人も無口になります。足元に注意しながら家路を急ぐ人を眺めながら、冬の黄昏を切り取ってみました。 千歳川に架かる鉄橋を渡るエアポート。暗くなった川岸には雪が見えます。 軒先のツララもトワイライトな感じ 市街地を通る国道337号には街灯が並んでいます。この季節はオレンジ色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石勝線・根室線4か月ぶりに再開

今夏の台風被害で一部不通となっていた石勝線と根室線が22日、再開しました。これに伴い札幌・帯広間を結ぶ特急「スーパーとかち」と札幌・釧路間を結ぶ特急「スーパーおおぞら」も4か月ぶりに再開しました。JR北海道は年末の帰省時期までの再開を目指していましたが、クリスマスに間に合う結果となりました。関係者の皆さんの努力に感謝!です。 運転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留萌線(留萌-増毛間)最終運行

12月4日、95年間運行してきた留萌線の留萌-増毛間が最終運行を迎えました。道内各局はもちろんの事、全国版のニュースでもその様子が伝えられたのでご存知の方も多いと思います。利用客の激減により、年間1億円の赤字に陥っていたのが背景ですが、廃線を惜しむ人達が全国から集まった結果、最近では2両編成にして運行していました。増毛には少なからずの縁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の夕張(三菱大夕張鉄道車両保存地)

三菱大夕張鉄道車両保存地は清水沢市街地から約7.4kmの所にある南大夕張駅の跡地にあります。駅舎は取り壊されていますが、ホームと車両が「三菱大夕張鉄道保存会」の方々の努力で保存されています。2001年には三菱大夕張鉄道車輌を含む空知管内の炭鉱遺産が「空知の炭鉱関連施設と生活文化」として「北海道遺産」に認定され、2007年には経済産業省よ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋を迎えた石勝線

8月下旬の連続台風は道内の鉄道網に甚大な被害をもたらしました。その後、札幌⇔北見・網走間の特急(オホーツク)と札幌⇔新函館北斗・函館間の特急(スーパー北斗・北斗)は復旧し、残る札幌⇔帯広・釧路間の特急(スーパーおおぞら・スーパーとかち)は臨時列車と代行バスによって運行しています。その内の札幌⇔トマム間は各々3本の臨時特急が運行しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパー北斗・北斗は運転再開

連続した台風の影響により函館線で約200本以上の倒木による電気通信設備の支障・断線が発生し、運休していた札幌-新函館北斗間の特急(スーパー北斗・北斗)が9月3日に運転再開しました。何はともあれ良かったです。 再開後の1番となるスーパー北斗16号(札幌14:44発)が千歳川を通過した様子。 15:12撮影。 再開後の1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石勝線は今・・・

石勝線は南千歳駅から新得駅を結ぶ本線(132.4km)と新夕張駅から夕張駅間の支線(16.1km)からなる路線で、全線が単線・非電化となっています。南千歳駅を出た直後は苫小牧方面へ向かう千歳線と並行に線路が続きますが、その後左に大きく曲がり夕張方面へ向かいます。石勝線を走る特急電車は札幌と帯広・釧路間を走る”スーパーおおぞら”と”スーパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千歳線開業90周年

少々、古い話になりますが、JR北海道の千歳線が8月21日に開通90周年を迎えました。苗穂駅から沼ノ端駅までの区間の開業が大正15(1926)年8月21日だったことから今年でちょうど90年になります。新幹線開通を除けば、廃線や廃駅といった残念な話題が多いJR北海道ですが、今回は明るい話となりました。 夕方の千歳駅ホーム。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシオペアクルーズ

8月8日 17時17分過ぎに今夏としては最後となる上りカシオペアクルーズが千歳川を通過していきました。7月からツアー列車となって運行するカシオペアのほとんどは毎日曜日に千歳駅を通過しましたが、曇天や荒天の日が多く、今回もあいにくの曇り空とコンディションは良くありませんでした。それでも、カシオペアのしばしの見納めということで投稿しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシオペア紀行

寝台特急カシオペアの定期運行は3月20日の札幌発上りで終了しましたが、6月からは、E26系車両を、旅行会社のツアー専用臨時列車として運行しています。JRの時刻表には載っていませんが、鉄道ファンのブログ等を参考に、千歳駅通過時刻を調べて撮影しました。 6月19日 10:42 DF200に牽引され、千歳駅を通過し札幌へ向うカシオペア紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の季節(その3)

新緑をテーマに地元にこだわった鉄道と飛行機の風景を探しました。普段はイキモノがメインなのでジャンルが異なると、難しいものですね。まだ道半ばというところです。 新緑の千歳川を渡る快速エアポート こちらは川岸の青葉と上空を飛ぶ民間航空機(千歳の空は自衛隊機も飛行しているので・・)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷選手、千歳線を走る

JR北海道は6月4日から日本ハムファイターズの大谷翔平選手をメーンにしたラッピングトレイの運行を始めました。札幌-新千歳空港間の快速エアポートで1日7,8回の運行を予定しています。その大谷投手は6月5日の巨人戦で日本最速記録となる163キロをマークしました。ちなみに、快速エアポートの最高速度は130キロですから、大谷投手の記録の方が30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜と鉄道

ノースレインボーエクスプレスの撮影の際、在来線の車両も撮りました。見慣れた車両でも季節感を加えると違った風景に見えます。 こちらもいつものエアポートを使ったテストショット
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノースレインボーエクスプレス

ノースレインボーエクスプレスが4月29日から5月8日までの期間、臨時特急北斗として札幌と函館の間を運行しました。それぞれ異なるレインボーカラーの5両編成が桜咲く千歳線を爽快に走り抜けました。 函館に向かう特急北斗88号を平和橋傍から撮影 鮮やかな車体が目を引きます。 別の日に鉄道高架下から撮った北斗88号 桜の花をフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日を浴びて_レッドベア

春の訪れと共に日もだいぶ長くなりました。千歳の日出時刻は4月1日で5時16分。元旦は7時4分だったので2時間近くも早くなりました。千歳駅を発車する一番電車は3月22日までは5時30分発の下り寝台急行はまなすでしたが、今は5時40分発の札幌行き普通電車です。その直前にJR貨物のレッドベアが千歳駅を通過します。快晴の早朝には朝日を浴びて走る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more