テーマ:植物

庭の花や鳥など(No21)

定例の「庭の花や鳥など通信」です。 バラはこの花が最後となりました。来年もいっぱい咲くように礼肥を施します。 ホームセンターで買ったサンパチェンスとバーベナはまだ咲いています。 シュウメイギク 花が咲き終わったら日当たりの良い場所に移すつもりです。 秋と言えばヒマワリ ここのところ天候不順で、雨が「シトシトピッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No20)

定例の「庭の花や鳥など」通信です。 9月の代表花 ヒマワリ バラはこれが最後かも・・・ 夏野菜はまだ収穫期 ミニトマトのアイコ キュウリもまだ花がついています。 マルメロ(果実)の実はかなり大きくなりました。ここはシジュウカラの憩いの場ともなっています。 アケビの実も葉の中から顔を出しました。 青…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No19)

今週の「庭の花や鳥など通信」を投稿します。 9月になっても咲いているバラ 咲き揃ったディジー サンパチェンスとバーベナ シュウメイギクが咲き始めました。 風船カズラの花にやって来る蜂 ネットで調べても名前が分かりませんでした m(__)m 木陰で雨宿りするシジュウカラ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

林東公園_秋の足音

例年だとお盆を過ぎた頃から涼しくなるのですが、今年は夏日が続きました。それでも季節は着実に進み、吹く風にも秋の気配を感じます。夏から秋に向かう林東公園を散策しました。 おはよう橋から見る千歳川 中央の木々が黄色に染まり始めています。 公園内のコオホネの花 コウホネはスイレン科の多年草で根茎は鎮咳や利尿の漢方薬として使われましたが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No17)

盛夏も過ぎ夏の花達も少なくなりました。月曜恒例の「庭の花や鳥達通信」です。 バラ 袖通姫 クレマチス 種から育てたディジー ホームセンターで購入したバーベナ サンパチェンスと一緒に植えています。 種から育てた風船カズラ 5ミリ位の花が可愛い。 庭のスズメ 今週の庭の鳥さんは明後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No16)

月曜恒例の「庭の花や鳥など」通信です。 バラの開花は続いています。 衣通姫は2番花が咲き始めました。 アサガオ 風船カズラに立ち寄ったマルハナバチ 玄関先のサンパチェス ラベンダーの花は終わったのに律儀に止まってくれるモンシロチョウ申し訳ないので切らずにおいています。 !(^^)! カワラヒワキッズ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No15)

今回は野菜も加えた「庭の花や鳥など通信」です。 2階の書斎から見た朝焼けこんな光景を見た朝は自然とテンションが上がり、今日は何かいい事があるような気分になります。 バラはまだ咲き続けています。 最後となったユリの花 今年は夏休みの自由研究よろしくアサガオの種を蒔きました。 玄関先の寄せ植え。迎えるのは郵…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

空と水辺

MFの空と水辺の光景です。 アオサギ トビ カルガモ 産卵するキアゲハ バイカモ 北国の夏が静かに過ぎていきます。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No14)

今回は庭に集まる昆虫も加えた「庭の花や鳥など通信」です。 バラは次々と咲いています。 ノラニンジン(野良人参)は人参の原種ですが食用にはなりません。ノラニンジン(英名 Wild carrot)の花が精密なレースようであることから、イギリスではQueen Anne's Lace(アン王女のレース)と呼ばれています。 クレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅花藻とモズ_初撮

千歳川の夏の風物詩のひとつの梅花藻と夏鳥のモズを初撮しました。 梅花藻はキンポウゲ科の多年生の水草です。冷涼で流れのある清流に生息しウメの花のような白い花を水中につけます。千歳川にはここで初めて発見されたチトセバイカモも生息していますが、専門家でも見分けは難しいのでバイカモとしました。 モズは本州から九州にかけては留鳥ですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No12)

週一恒例となった「庭の花や鳥など通信」です。 赤いバラが咲きました。 ラベンダー ユリ 3題 キュウリは豊作です。 ケイトウ 燐家のアジサイ 我が家のアジアイは今年も元気な葉だけ。 カワラヒワ 4羽グループとカップルの2組がやって来ます。 ミニトマト(アイコ)がようやく赤く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蝦夷梅雨

西日本を中心に甚大な被害を起こした「令和2年7月豪雨」は停滞した梅雨前線に向かって暖かい湿った空気が流れ込み大気が不安定となり、積乱雲が次々と線状に発達した「線状降水帯」によるものでした。例年、梅雨前線は北上と共に勢力は弱まり北海道に到達する前になくなります。したがって、気象庁が発表する「梅雨入り」と「梅雨明け」の対象地域には北海道は入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No11)

週一恒例となった「庭の花や鳥など通信」です。 バラは次々と咲いています。 一株しかない衣通姫(そどおりひめ)はそろそろお終いです。 アヤメも咲いています。 ユリの花が咲き始めました。 富良野の富田ファームには足元にも及びませんがラベンダーも花をつけました。 今年もポプリにします。 最…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No10)

ほぼ週一回のペースで投稿している「庭の花や鳥など通信」です。 開花までの姿がお気に入りのアリウム 雨上り・・・ 父が育ていたバラ 名前を聞き忘れてしまいました。 雨上り・・・ 今春、ホームセンターで購入したバラ そどおりひめ(衣通姫) 名前を忘れないように鉢に付いていた名札を傍にぶら下げています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

林東公園_夏

MFのひとつ林東公園も緑が濃くなりました。千歳川を挟んで左手が青葉公園で右手が林東公園となります。 千歳川と林東公園に挟まれて支笏湖に通じるサイクリングロードがあります。 大きな樹の枝葉が水面を覆っています。 アカミミガメはこの日も甲羅干し ミズバショウ、キショウブに続きコウホネの花が咲いていました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No9)

ほぼ週一回のペースで投稿している「庭の花や鳥など通信」です。 シャクヤク ツツジ シャクナゲ アスター アルメニア 和名は花かんざし (和名の方がピンときます) ムラサキツユクサ 椎茸の原木は鳥さん達のお立ち台になっています。 カワラヒワ スズメ 花と鳥さんに囲まれてせ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No8)

ほぼ週一回のペースで投稿している「庭の花や鳥など通信」です。今回は元気な野菜たちもあります。 オープニングはいつもの朝焼け。今回は広角レンズで撮ってみました。 アヤメ サラサドウダンツツジ マーガレット 我が家の庭で最初に収穫出来るアスパラ。朝採りアスパラが食卓を飾ってくれます。 雪の下で越冬したイチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No7)

ほぼ週一回のペースで投稿している「庭の花や鳥など通信」です。 満開となったツツジ フジも一気に満開 ボタンも咲き揃いました。 黄色のボタンが一番かぐわしいです。 ルピナス オダマキ 花弁はホタルブクロに似ていますが、色が違う? やって来たハクセキレイ 庭には餌となる虫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No6)

ほぼ週一回のペースで投稿している「庭の花や鳥など通信」です。 果樹マルメロに花がつきました。昨年は防虫対策をサボったので穴あき、虫食いが多く失敗。今年はそろそろ始めるつもりです。 シャクナゲ ツツジは満開 ムスカリ スズラン 道内では夏の定番です。 オダマキ ボタン モクレン 空室あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No5)

ほぼ週一回のペースで投稿している「庭の花や鳥など通信」です。 住宅街でも朝焼けだけは綺麗です。 カラスも朝焼けには「映える」 ヒメリンゴに花がつきました。 ヒメリンゴの隣はレンギョウがまだ咲いています。 シャクナゲ ツツジ 電線のコムクドリ シジュウカラは最近はここ(シイタケの原木)が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花見とオオルリ初認

林東公園で花見をしていたところオオルリを初認しました。 エゾヤマザクラ 春紅葉 オオルリ 待ちに待った夏鳥です。コバルトブルーの鳥さんが幸せを運んでくれるような気がします。!(^^)! 残りはキビタキです。いつの事やら・・・・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No4)

ほぼ週一回のペースで投稿している「庭の花や鳥など通信」です。 シャクナゲが咲きました。 ボケは見頃を迎えました。 ボケの背景は雪柳です。 チューリップは次々と咲いています。 昨秋、子株を植え替えたイチゴは雪の下で越冬し花を付けました。 道外の方には馴染みが薄いかもしれないハスッカプ。北半球の寒冷地に分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花見と鳥見(No2)

エゾヤマザクラを観賞しながらメジロを初認してから一週間後。今度は青葉公園内を抜けて林東公園へ向かうコースを散策しました。 エゾヤマザクラは散り始めてはいるもののまだ花を付けている木もありました。 キタコブシは見頃を迎えています。 エゾエンゴサクもちらほらと。 エゾリスの家族が梢で遊んでいました。 こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花や鳥など(No3)

ほぼ週一回のペースで投稿している「庭の花や鳥など通信」です。 カタクリ 庭のあちらこちらで咲いています。 キバナカタクリも咲きました。 スイセンは一斉に開花 チューリップも咲き揃いました。 家の中の鉢植えのボケの花は散りましたが、庭のボケは今が盛り。 長らく花芽を付けなったウメが今年は花を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

定点観察_林東公園

週一回のペースで投稿する林東公園の定点観察です。 例年、楽しみしているミズバショウが咲いていました。 この季節の定番、キタコブシの蕾。千昌夫さんの「北国の春」に出て来るコブシはキタコブシです。 いつもとは違う場所にアカミミガメ 最近になって青葉公園から引っ越してきたエゾリス。知り合いのエゾリスファンの方から教えてもら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

庭の花や鳥など(続き)

ミニチューリップの次に咲いた原種に近いチューリップ 久々にやって来たコアカゲラ 最近はあまり見なくなったひょっこりはん たまにやって来るハシブトガラ しょっちゅうやって来てはひと風呂浴びて帰るヒヨドリ ひときわ大きな声で鳴くので来訪はすぐ分かります。 外出自粛の中、おうち時間を楽しませてくれます…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花や鳥など

早朝、書斎の窓から見た朝焼け。ブログ訪問は毎日5時ごろから始めています。 雨上りの朝は庭の花が一層みずみずしく感じます。 咲き始めたツツジ 冷え込んだせいか今朝のカタクリはお寝坊さん シャクナゲの蕾はまだ固い 庭に朝陽が射す頃にはカワラヒワがやって来ます。 地面に落ちている種をついばんだ後はバード…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

庭の花とやって来る小鳥

庭の花も咲き始め、拙ブログも花の話題で全国区入り出来ました。(^^♪ スプリング・エフェメラル(春の妖精)のひとつ、カタクリ 玄関前のヒヤシンス 昨秋、初めて植えたミニチューリップ 背丈は20㎝位です。 鳥さんの撮影では使う事のないローアングル。コンテジに手のひらサイズの三脚を取り付け、バリアングル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エゾエンゴサク_群生

エゾエンゴサクが顔を出し始めてから一週間後、近場の防風林へ行ってみました。前回、ここを散策コースにしている方から咲き揃うのは十日前後先と聞いていたからです。 あちらこちらに咲いていました。 ここの見所は群生している光景。 人の手が入っていないので落ち葉や枯れ枝が沢山あるけれど、かえってこの方が自然な感じで気に入っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の妖精_エゾエンゴサク

ケシ科キケマン属のエゾエンゴサクはその名の通り国内では北海道だけに分布し、世界的には南千島とサハリンに分布しています。同属のキケマンやムラサキケマンと異なり、毒性は無く風味が良いので食用となります。アイヌの人達は塊根を「トマ」と呼び保存食として利用しました。 近所の防風林の一角ではアズマイチゲに続いてエゾエンゴサクが顔を出していま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more