舞鶴遊水池

冬鳥の渡りを前に、舞鶴遊水池(長沼町)のロケハンに行ってきました。遠くの対岸で留鳥のカルガモやマガンを見つけました。 カルガモ マガモの群れ ここは野鳥達との距離が遠いので撮影の為には600mmクラスの望遠レンズが必要ですが、双眼鏡を使った観察では鳥さん達の自然な姿を楽しめます。明日に続きます・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の果実

庭の果実も色づき始めました。 ヤマブドウ沢山は無いので、果実酒にする予定です。 ブルーベリーこれも少量なので、朝食のヨーグルトに入れて食べる程度 マルメロの実も大きくなりました。食用には適さないので香りを楽しんでいましたが、今年は果実酒に挑戦します。 ヒメリンゴこちらは目で楽しむだけです。 アケビ紫色に熟すまでにはもう少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の花便り(No6)

庭のヒマワリが咲きました。野鳥の餌が不足する冬の間、ホームセンターで買ったヒマワリの種を餌台に置いていたのですが、こぼれ種から発芽した緑肥用のヒマワリです。 観賞用のヒマワリと違って背は低いのですが、それ故に可愛らしく感じます。 郊外の農地でも緑肥用のヒマワリが栽培されていて、種が落ちた後にはトラクターを使って畑にすき込みま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイフィールド

今週は風景が続いたので、今日は拙ブログにちょくちょく登場するサーモンパークの風景を投稿します。 日の出橋から見るサーモンパーク(左奥) サーモン橋から見るサーモンパーク(右奥) インディアン水車(右手) 園内の風景 この日見つけたシジュウカラ。 シジュウカラ ヤマセミ風(笑) キジバト 小さい秋
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鳥沼公園

青い池の次に富良野市郊外にある鳥沼公園に行きました。自撮り棒片手に観光客が行列を作って周回する青い池とは対照的に、ここは訪れる人もまばらな穴場スポットです。 とは言え、さすがは北海道。面積は9.7haで東京ドーム2つ分あります。 ここでは、四季折々の風景を静かに楽しめます。岸辺には色づき始めた葉がありました。 青の池と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

青い池

秋晴れの日、美瑛町白金にある青い池に行ってきました。青い池は1988年に十勝岳が噴火した際、火山泥流災害を防ぐために美瑛川本流に複数作られた堰堤のひとつに水が溜まって出来ました。ここで硫黄沢川から流れてくるアルミニウムを含んだ水と美瑛川の水が混ざり、そこに太陽の光が当たると青くみえるようになりました。 立ち枯れとの対比が一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝焼け_定点撮影

朝夕はすっかり涼しくなりました。Uターンしてからは早寝早起きが習慣になったので、朝焼けが綺麗な朝は自室の窓から空を撮影しています。同じ場所から撮影しているありふれた景色ですが、ひとつとして同じ空の表情はありません。平凡な日々も昨日と同じ今日が無いのと同じ気がします。 (8月26日 撮影) (8月28日 撮影) (9月2日 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

支笏湖畔_美笛

外国人審査員100人がCOOL(カッコイイ)と評価する「クールジャパンアワード2019」のナショナルパーク(国立公園)部門で「美笛川の河口からの支笏湖畔の絶景」が選ばれました。(以下の写真は受賞した写真ではなく、自分のストックから選んだ写真です。) (美笛から見た支笏湖 2017年5月7日撮影) (美笛から見た支笏湖 2017年5月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

森の木陰

青葉公園内を散策しました。高い木立には葉が生い茂っているので陽の光は地面には届かず、昼間でも薄暗い森を歩きました。 エゾリスのカップルが盛んに餌を探しています。 アカゲラは声を頼りに見つけました。 コゲラもせっせと古木を突いています。 陽が射しこむ木立でゴジュウカラとハシブトガラを見つけました。 (ゴジュウ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

サーモンパーク近況

キセキレイの姿が見えなくなった水面にはマガモのカップルが1組いました。 林の中にはコサメビタキ カラ類の姿が目に付くようになりました。 (シジュウカラ) (ゴジュウカラ) サーモンパークに行く前に長都沼を下見。ここの水面もまだ閑散としていて、遠くにカイツブリとカルガモがいました。 (カルガモ)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

千客万来

しばらく、姿を見せなかったシジュウカラ家族が我が家の庭にやって来ました。 元気な幼鳥もいます。 スズメの群れは毎日のようにやって来ます。 カワラヒワは毎朝6時過ぎに朝食 たまにキジバトもやって来ます。 千客万来 (^^♪
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キビタキ_再会

6月1日以降、暫く見なかったキビタキと林東公園で出会いました。 繁殖期には美声を聴かせてくれたキビタキも慌ただしい子育てが終わり、木陰の枝に静かに止まっていました。 薄暗い木陰ではシルエットだけが目視でき、キビタキと認識出来たのはファインダーを覗いてからでした。 この日の最高気温は24℃。林東公園傍のおはよう橋から見る…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夏鳥選_ニュウナイスズメ

今回の夏鳥はスズメ科のニュウナイスズメです。ニュウナイスズメは本州中部以北から北海道で夏鳥ですが、関東以西では冬鳥です。つまり、関東を境にして生息する季節が夏と冬に分かれます。全国的に留鳥のスズメとよく似ているので、ニュウナイスズメをスズメと感じ違いしている方も多いと思います。 (5月4日 市内林東公園で撮影) (4月22日 支笏湖…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

根志越散策_続き

散策中に夏鳥のコサメビタキに会いました。コサメビタキは今季の初撮です。 今夏は沢山観察出来たカワラヒラ あぜ道のハクセキレイ 飼料用の小麦が刈り取られた畑にはキジバト 涼しい風が心地よい散策でした。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

根志越散策

雨の日が続いた後、青空が少しだけ顔を見せてくれたので、根志越の田園を散策しました。お目当だった冬羽のノビタキは声を聴くだけになりましたが、カラ類には会う事が出来ました。 フワフワでまん丸のハシブトガラ幼鳥 ゴジュウカラの羽繕い あぜ道にはヒメアカタテハ 明日に続きます・・・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏毛のエゾリス

久し振りにエゾリスに会いました。逆光の木陰というあいにくの条件でしたが、何とか夏毛のエゾリスを撮影出来ました。 盛んに木の枝を渡り歩き・・・・ 木の実をほおばっていました。 傍の庭園。商業施設とはいえ手入れの行き届いた庭の花は綺麗でした。草茫々の我が家の庭は自然庭園といったところか・・・
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実りに向けて

我が家の庭の果実も実りに向けて準備中です。 ブルーベリー まだピンク色ですが熟すとその名の通り濃い青紫色になります。 ヤマブドウ 実はだいぶ大きくなってきました。 マルメロ スズメ達もお気に入りの枝があります。 収穫が終わったイチゴからは子蔓が伸びてきたので来年に向けて育苗中 シソの葉は味噌巻きにしたり、その実…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夏鳥選_メジロ

今回の夏鳥はキクイタダキ科のメジロです。 メジロは本州中部では留鳥なのでお馴染みの鳥だと思いますが、北海道では夏鳥で分布の北限にあたります。生息数は元々多くありませんでしたが、最近は増加傾向にあります。 目の周りの白いアイリングが素敵ですね。 写真は全て5月18日に林東公園で撮影しました。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夏鳥選_コヨシキリ

今回の夏鳥は前回のノビタキ同様、根志越の草原で見るヨシキリ科のコヨシキリです。 コヨシキリは北海道から本州中部で夏鳥として繁殖分布します。生育環境の似るオオヨシキリとは競合関係が見られますが、北海道ではコヨシキリが優占しています。逆に本州ではオオヨシキリが優占していて、コヨシキリは局地的分布となっているようです。 草藪に隠れてい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コスモス咲く頃

一年の半分は冬となる北海道では残りの半年で春から秋と過ぎていきます。お盆を迎える頃になるとコスモスの花があちこちで見られるようになります。 燐家の庭ではまだアジサイが咲いています。東京に住んでいた時は梅雨時の花がアジサイで、秋になるとコスモスという印象でしたが北海道では同時に見る事が出来ます。 我が家の庭ではヒマワリ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more