テーマ:

北の国からの花便り

庭の雪も大半が融け、地面が顔を出しました。今シーズン最初の庭仕事は昨秋の落ち葉集めの続きからです。笑 毎年、最初に花を見せてくれるクリスマスローズ 福寿草もあちらこちらから顔を出してくれました。 昨年、初めて球根を植えたスノードロップ 雪の下も無事越冬。よく頑張りました。 雪の下をネットで調べたところ綺麗な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花便り(No6)

庭のヒマワリが咲きました。野鳥の餌が不足する冬の間、ホームセンターで買ったヒマワリの種を餌台に置いていたのですが、こぼれ種から発芽した緑肥用のヒマワリです。 観賞用のヒマワリと違って背は低いのですが、それ故に可愛らしく感じます。 郊外の農地でも緑肥用のヒマワリが栽培されていて、種が落ちた後にはトラクターを使って畑にすき込みま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北の蓮

恒例となった「花工房あや」さんでの蓮観賞に行ってきました。 今年は7月の日照不足で生育が遅れ気味でしたが、その後の好天続きで例年より10日程早い開花となったそうです。 開園時間の10時過ぎには着いたのですが、既に数名の方がカメラやスマホ片手に観賞していました。天候も薄曇りで撮影には好条件でした。トンボの姿や上空を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

残暑お見舞い

立秋とはいえ、全国的には残暑が続いています。道内も7月中旬までは長雨による日照不足が心配されていましたが、その後は一転して記録的な暑さが続きました。その暑さも一区切りし、来週からは平年並みの気温に戻る予報です。 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、特に北海道の場合はお盆が過ぎる頃になると日中の風にも秋の訪れを感じるようになります。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ノラニンジン

ノラニンジン(野良人参)はヨーロッパ原産のセリ科の一年草または多年草です。人参の原種ですが食用には適しません。全国に分布していますが、北海道(特に道央と道南)には多く、当地でも路傍や空き地では良く見かけます。我が家の庭にも進出してきていますが、白いレースのような花が気に入っているので少しだけ残しています。 和名の野良人参は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バイカモ咲く頃

バイカモ(梅花藻)はキンポウゲ科の多年草の水草で、冷涼で流れのある清流中で生息しています。初夏から初秋にかけてウメの花のような白い花を水中につける事からその名前が付きました。今年も千歳川にはバイカモの花が顔を見せました。 バイカモの仲間には北海道にだけ分布し、千歳川で初めて採集されたチトセバイカモがあります。千歳川には両方…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花便り(No5)

アジサイは薄曇りの方が映えます。 アスチルベ (「通りすがりの者」さんからコメントを頂き訂正しました) ユリは三色揃い踏み 雨上りは花を一層引き立てます アリアム ジンチョウゲの葉に宿る雨粒 白ユリは更に清楚に見えます
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

庭の花便り(No4)

今週の庭の花便りを投稿します。 ユリの花が見頃となっています。例によって詳細な品種は判りません(;'∀') グスベリの実が赤くなりました。小学生の頃、道端のグスベリを食べながら下校しました。 ラベンダーの花の色が濃くなり、そろそろポプリにしようかと・・・思っています。 バラは見頃の終わりを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花便り(No3)

今週の庭の花便りをお届けします。 ラベンダー 玄関脇のムラサキツユクサ(だと思います) ジャガイモの花は野菜とは思えない程、綺麗です。 アリンコは何故か赤いバラが好きなようで、いつもここにいます。 アリアムも元気です。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

バラが咲いた♪バラが咲いた(^^♪

我が家の庭のバラも咲きました。 朝から雨の日・・・ 一日中、晴れの日・・・ 開花直前の姿が一番好きです。 てんとう虫もやって来ます。 残念ながら、バラというだけでそれ以上詳しい品種は判りません m(__)m
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨上がりの朝

雨上がりの朝、庭に咲くアリウムの蕾が顔を見せました。 それから数日後、花弁が顔を出しました。 そして、また雨が降り・・・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花便り(No2)

やってみて判る花木の手入れの大変なこと!午前中は草茫々の庭でスギナと格闘しています・・・笑 ハスカップの実が付きました。甘酸っぱいジャムにすると美味しいそうです。 天気が良い朝は日の出の頃には庭に出ています。クレマチスとボタンの花が出迎えてくれます。 ボタンの花も紅白揃ってめでたい(^^♪ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花菖蒲

恒例となったママチ川河川公園に咲く花菖蒲を観賞してきました。 ここの花菖蒲はボランティアの方が手入れをしてますが、川岸の野草とのコラボレーションが素敵な風景となっています。 橋の傍にはハマナスも咲いています。 草むらにはマガモがしゃがんでいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の花便り

1年の半分は冬の北海道。残りの半年で春から秋までが過ぎていきます。 庭の花も競い合うように咲いていきます。 特段、珍しい花はありませんが、今が盛りの花たちです。 ボタン クレマチス ヒナギク パンジー 名前不詳 (生前、父…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春紅葉とセンダイムシクイ

引越の後片付けもほぼ終わり、いそいそと林東公園に向かいました。2週間ぶりの園内の木々は若葉に包まれ、春紅葉も鮮やかになっていました。 鳥たちの声も賑やかでした。夏鳥達との接近距離も初認頃から比べると近くなり、春紅葉を背景にセンダイムシクイが目の前に現れてくれました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の初夏

初夏を迎え、庭の花木も賑わいを見せてくれています。 ボタン 小さいけど藤棚もあります。(笑) スズラン 市内でも珍しいマルメロ。秋になるとこぶし位の大きさの香しい実がなります。 オダマキも花を付けました。 ルピナス …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メジロ_初認

林東公園でメジロを初認しました。 メジロは本州では留鳥ですが、北海道では夏鳥です。2年前には桜の樹で花蜜を吸うをメジロを撮影出来ましたが、今年の初認も桜の開花には間に合いませんでした。 園内では春紅葉やヤマブキの花が咲いていました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春爛漫

ベニマシコとカワセミを撮った日に林東公園で出会った鳥達です。 コゲラ ニュウナイスズメ ハシブトガラ ヤマガラ 春爛漫の林東公園でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオジ、カワラヒラ_根志越

この日の根志越では、アオジやカワラヒラ、ヒバリにも出会うことが出来ました。 根志越の黄色い絨毯 アオジ夫婦 カワラヒラ (自宅の庭にもやって来ますが、自然を背景にすると野鳥らしく見えます) 地上の雲雀
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コムクドリ_根志越

コムクドリは北海道と本州北部を繁殖分布の中心とする小型のムクドリ類です。雄成鳥の翼や背中は紫色・緑色・紺色の光沢のある色ですが、マガモの頭部に代表される構造色なので光の当たり具合によっては美しい色に見えます。 雌は他の種類と同様、若干地味ですがこの控え目な優しさに惹かれます。 市街地の早咲きの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の春(その2)

自宅の庭の花も次第と賑やかになってきました。 ムスカリ ヒヤシンス ツツジ カタクリは咲きそろい キバナカタクリも花を付けました 水仙には次々と蕾がついています。 アケビ 勇払原野に自生していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーモンパーク_近況

サーモンパークも桜の見頃を迎えました。 夏鳥のアオジ 水温む川岸のキセキレイ 留鳥のハクセキレイも川岸にお出まし キジバトは木陰でお昼寝
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜風景_市街地

市内を流れる千歳川の両岸も桜模様となりました。 久々の鉄道風景 想い出深い教会 この教会が運営する幼稚園の卒園生です。半世紀以上前ですが・・・ (;'∀') 桜の中のスズメ 春爛漫の一日でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜散策_ウグイスの囀りを聞きながら

大型連休の終わりに桜の見頃を迎えました。公民館から林東公園までの川岸は桜並木となりました。 対岸の山肌も色づいています。 千昌夫さんの「北国の春」の一節にあるキタコブシも咲いています。 お早う橋の袂で振り返ると・・・ 散策中に出会ったのはウグイスの囀り …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウグイス_今季初認

「声はすれども姿は見えず」のウグイス。その美しい声を聴きながら鳥見をしていましたが、林東公園で今季初認が出来ました。 この日はキタコブシが花をつけ エゾヤマザクラの蕾も膨らんでいました。 園内にはいつものシジュウカラとヤマガラ 池ではアカミミガメが甲羅干し …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜咲く

本州にお住まいの方にとっては、今年の桜の見頃は「平成の出来事」だったと思います。北海道では道南(函館、松前)と札幌で平成最後に開花し、令和になって満開となりました。当地では少し遅れ、令和になってから開花となりました。とは言うものの、例年通りではありますが・・・笑 5月1日。曇天の空の下、市内では比較的早く開花する交通公園の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の妖精

春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす一連の草花をスプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)とか、春の妖精と呼ぶそうです。本州ではカタクリが代表的ですが、道内ではこれより先にエゾエンゴサクやアズマイチゲが落葉樹林の林床で顔を出します。 住宅街に面する場所に防風林として残されている公園の一角に春の妖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の春

自宅の庭で福寿草に続きクロッカスが顔を出しました。戸外では半年近く花を見る事の無い北国では、それだけでテンションが上がります。 早咲きのチューリップも顔を出しています。 雪が融けた庭の地面で餌を探す鳥たちもやって来ます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の岸辺

ヒレンジャクを初認した雑木林は千歳川の川岸に接した所にあります。 岸辺には孵化したばかりの稚魚の群れが泳いでいました。 林の中で開花直前のナニワズ(ジンチョウゲ科)を見つけました。 ナニワズは雪融け直後、高木がまだ葉を茂らす前に日光を浴びて開花する為に前年の晩春には葉を落…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春を告げる(その2)

自宅の庭では福寿草も顔を覗かせました。 一度は雪が融けたものの、再び降雪した地面に咲く福寿草。北国の春らしい光景です。 半月前の様子です。この時は雪が融けていました。 晴れた日はいつもの見慣れた野鳥達も空を見上げています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more